3月5日 月曜日

 曇りのち雨。

d0331556_05305853.jpg 佐伯一麦さんの「二十六夜待ち」を読みたくて『12星座小説集』を図書館で借りてくる。この文庫はいろいろな作家の連作短編集でその中に佐伯さんの短編が入っている。この短編が読みたいだけなので、図書館でこの本を借りてくれば、この文庫を買わなくて済むから、ありがたい。
 この佐伯さんの短編は珍しく私小説ではなく、いわゆるものがたりになっている。このあとやはり図書館で借りてきた佐伯さんの初期の短編集を読むつもりだ。

 昨日、新宿の京王百貨店へ行ってきた。弟の息子の出産祝い、義理の妹の息子の娘の保育園入園祝いにベビー服を妻が見繕って、贈った。孫の入学祝いもそうだけど、なにかと物入りだ。
 わが親族はいま“子供ラッシュ”で、あちこちに子供たちの話が飛び交う。妻のスマホにはわが孫以外に彼女ら(いずれも女の子ばかりなのだ)写真がいっぱい詰まっている。写真や動画が送られて来るたびに見せてくれるが、まあかわいいものである。

 弟から去年あった弟の息子の結婚式の集合写真をもらった。我が家にはこうした記念写真がどんどん増えていく。今年は孫の卒園式、入学式の写真も撮って台紙に貼ろうと思っているので、さらに写真が増えていくことになる。
 いまは写真はデジタルだから端末に入れておけば収納場所に困らないのだが、どうしても写真にしたいところが私にはあって、こうした台紙に貼られた記念写真やアルバムがどんどん増えてくる。でもアルバムを開いて子供たちの成長を見るのは楽しいもので、アルバムを開いて、あれこれ話すのは楽しい。写真を趣味にしていてよかったな、と思う。

 今朝6時頃窓を開けて外の様子を眺めていたらうぐいすの鳴き声が聞こえた。今年初鳴きである。去年は確かその鳴き声を聞くことができなかったはずだ。春は間違いなくそこまで来ている。庭の木々などを見ていても、さてそろそろ動き出そうか、という感じの声が聞こえてきそうだ。
 今日これから春の嵐になるというから、こうして確実に春になっていく。花粉さえなければ好きな季節なんだけどなあ。

by office_kmoto | 2018-03-06 05:32 | 日々を思う | Comments(0)

言葉拾い、残夢整理、あれこれ


by office_kmoto
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る