5月16日 水曜日

 晴れ。

 まだ5月だというのに、気温が30度近く上がっている。今年は天気が早く進んでいる感じだ。
 つつじが終わり、今さつきが満開となっている。今年は昨年より多くの花を付けている。ただ例年だと4本あるさつきのうち3本が一斉に咲くのだが、今年が1本ずつ花を咲かせていき、ちょっと今までとないパターンだ。
 でも1年に1回、この時期だけ我が家の庭は豪華になる。和室の窓から見えるさつきが好きなのだが、これも昨年同様窓越しに見て悦に入っている。


d0331556_06142748.jpg



d0331556_06140715.jpg



d0331556_06144109.jpg



d0331556_06145353.jpg



 昨年アマリリスの鉢を全部ひとまわり大きめものに替えたため全部の鉢が花を付けた。4鉢全部花を咲かせているのもなかなか豪華である。


d0331556_06162403.jpg



d0331556_06164912.jpg



 近くの親水公園で枝を頂いてきて、挿し木したあじさいも今年はやっと形らしくなってきた感じで、きれいな白い花をつけ始めている。


d0331556_06173844.jpg



 お隣さんから頂いたサギソウも今年は何とか芽を出し、葉も伸ばし始めた。お隣さんはその鉢を見て、何本か咲くんじゃないか、と言ってくれる。咲くといいなあ。

 花が咲き終わったシクラメンはここのところの暑さでぐったりしてきているので、家の北側に移した。種からやっと今年花を付けてくれたのだが、これからはその後をどう管理していくか、またテキストとにらめっこしながら、考えていく。

 小学校から帰ってきた孫と、朝顔を鉢に植え替えた。これからは朝顔の管理をしていくことになる。孫は学校でも生き物係になっているらしく、学校でも朝顔の水やりを担当しているらしい。植え替えをやりながら、学校とは違うことを言う。学校ではペットボトルに種を蒔いているらしい。

 今年は庭の管理を孫とやっていて、これまでとは違う庭いじりとなっている。もともと学校から帰ってきて時間を持て余している孫の時間つぶしで始めた庭いじりだが、面白そうにやっている。小さな虫や蜜を吸いに来るクロアゲハに驚いてみたり、ちょっとした自然観察になっているみたいだ。娘はそんな孫を「庭師」と言っている。
 孫は小学校へ行くようになってから、風邪を引かなくなった。保育園では園庭がないためビルの中でしか遊べなかったのが、学校では校庭で遊び回っているらしく、また家に帰って来てもこうして庭いじりして陽に当たるようになったからだろうか。おやつ、夕食もよく食べる。庭いじりをしながら孫は小学校で起こったことを話してくれ、それを聞くのも楽しい。
 亡くなった義父が庭の手入れのために、さまざまな道具を残していってくれていて、それを用途に合わせて使っているのだが、孫は「この家にはいろんな道具があるんだねえ」と不思議そうに見ているのがおかしかった。
 狭い庭ながら、四季それぞれに何らかの花が咲いている庭になりつつある感じで、これからどこまで付きあってくれるかわからないが、孫と庭いじりする予定だ。

 そうそう私が庭いじりや掃除をしている時に、孫は友だちと一緒に帰って来るのだが、その友だちとも仲良しになり、ちょっとしたことを話す。小さな子供と会話するなんて、これはこれまでの自分にはなかったし、子供たちが自分たちのことを何とか私に伝えようと言葉を探しているのをじっくり待って聞いている。そんな自分にも驚いている。

 明日、孫は友だちの家に遊びに行くという。今練習しているキックボードで行くという。娘が買ってきたお菓子を持たせて、友だちの家まで連れて行くことになる。まさか自分がこんなことをするなんて、考えてもみなかった。

by office_kmoto | 2018-05-17 06:26 | 日々を思う | Comments(0)

言葉拾い、残夢整理、あれこれ


by office_kmoto
プロフィールを見る
画像一覧